Coaching

部下を従わせるのではなく
能力を引き出す自発的な組織へ

年功序列の働き方は激変し、
ダイバーシティの実現を目指す企業が増えていますが、
もともとの企業に根付いた風土や、
日本の仕事観を根こそぎ変えることができず、
経営者や管理職が、マネジメントに迷いを感じている時代です。

部下の主体性を促し、職場での古い体制や人間関係の焦げ付きを解消し、
自発的に動ける組織を作ること。
ビジネスに新しい可能性を開くマネジメントが求められてきています。

コーチングは、変化を望む企業に新しい風をもたらします。
クライアントが継続的に目標を達成し、
成長していく状態を作るのがコーチングの目的です。

特にエグゼクティブのコーチングでは、
経営判断をする立場にある人が、
経営活動にポジティブな変化を起こせるよう、
指針を本人の中から生み出していきます。

そして、リーダー自身が自己変革し、心の癖を改善し、
部下育成力を強化することで、
より一層優れたリーダーとして周囲に良い影響を及ぼせるよう、
意識変革・行動変革を行っていきます。

人とつながる力を取り戻し
自分らしく、働くためのコーチング

長年の社内研修を通じて感じてきたこと。
それは、企業で働く人たちの苦悩の90%は、人との関係性にあるということ。
残り10%の個人の能力や仕事への意欲などの悩みも、
実は、この、人間関係が改善されることによって改善することが多いのです。

「とにかく、仕事がやりづらい、仕事をしたくない」
「人間関係の悩みなんて、どの職場にもある」
「部下に信頼されていないが、仕方がない」
「部下との接し方がわからない、部下がいうことを聞かない」
「どうしても、頭ごなしに部下を叱ってしまう」

小さな積み重ねが生み出す心の疲労。
心の奥に生まれた思いから目を背け、力づくで働き続けると、
自分や部下が本来持っている能力やエネルギーを奪っていきます。

仕事に対して感じていた情熱を、思い出してみませんか?

そのために必要なのは、視点を変えることであり、
自分自身の思い込みに気づくこと。

コーチングで、本来の自分に戻り、
新しい価値観を得て、自分らしく輝いてほしい。

そんな思いで日々コーチングを行っています。

当社のプライバシーポリシーについて